アジア文化造形学会​会則

​学会の会則

 

第1条〔名称〕

 本会は“アジア文化造形学会”という。

 英語名は“Society of Asian Culture and Forms”とする。

 

第2条〔目的〕

 本会はアジアの人々の暮らしに関わる“こころ”と“かたち”の本質を究め、アジア文化の理解と国内外会員相互の交流を図る。

 

第3条〔事業〕

 本会は前条の目的達成のために下記の事業を行う。

1 アジアにおける文化と造形の探求及び研究成果の発表

2 展覧会、ポスターセッションの開催

3 講座及び講習会、見学会の開催

4 学会誌及びその他刊行物の出版

5 会員相互の情報の交換及び共同研究、並びにグループ活動等の推進と活性化

6  その他必要な事項

 

第4条〔会員〕

 第2条に掲げる目的に賛同し、会員1名が推薦し、理事会が承認する者を会員とする。

 

第5条〔総会〕

1 年1回の総会を開催する。

2 総会は、会員の過半数の出席で成立する。

3 総会の議決は多数決による。

4 会則の変更及び重要事項は理事会で決し、総会の承認をうる。

5 必要に応じて、臨時総会を開く。

 

第6条〔学会誌〕

 本会は年に1回、アジア文化造形学会誌を発行する。

 掲載事項としては、総説、論文、研究ノート、調査報告、展示報告、造形技法解説、資料(歴史的資料)解説、作品解説、その他編集委員会が必要と認めたものとする。

 研究論文は、査読委員会による複数名による査読審査を経た上で掲載可、修正の上再査読を経て掲載可、掲載不可とする。また、研究ノート、調査報告、展示報告、造形技法解説、資料(歴史的資料)解説、作品解説も査読審査を行う。造形作品、その他編集委員会が必要と認めたものは査読に準じた審査により、掲載可、修正の上再審査を経て掲載可、掲載不可とする。査読は査読委員会により指名された複数名の理事による。

 

第7条〔役員〕

 会の運営をはかるため、下記の役員をおく。

会  長  1名 

副会長   2名

理  事    10名乃至12名

監  事 若干名

支部長  各国、各地域

第8条〔役員の選任〕

1  会長は本会を代表し、会務を総括する。会長は理事の中から選任する。その任期は学会の総会から次年度総会の1年とし重任は妨げない。ただし、最長2年とする。

2 会長の任期終了後は、本会の顧問となる。

3 副会長は、会長が任命し、任期は1年とする。但し、重任は妨げない。

4 理事の任期は2年とする。但し、重任は妨げない。

5 監事は理事会が任命する。

6 理事会の承認を得て、各国及び各地域に支部をおくことができる。

7 理事会の承認を得て、顧問をおくことができる。

第9条〔会の運営と事業〕

 本会の運営と事業に要する費用は、会費・寄附金等をもってあてる。なお、研究発表者並びに作品展示者は参加登録費を納付すること。ただし金額については、理事会でその都度定める。会計年度は毎年4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる。

第10条〔会費〕

 会員は下記の会費を納入する。

 正会員   年額 5千円

 賛助会員    年額 2万円

 納入した会費は返済しない。 

 

 会計年度は当年度4月1日から次年度3月31日までとする。2年以上会費を滞納した場合は、会員の資格を失う。

 本会の名誉を著しく傷つけた場合には、理事会の議決を経て退会を命じる。

 

第11条〔事務局〕

 本会の事務局は事務局長宅におく。

第12条〔会務の処理〕

 会務を処理するために、幹事若干名をおく。

第13条(会員の称号)

 本会に多大の貢献をなしたものは、理事会の決議に基づいて名誉会員ならびに功労会員に推戴され、総会の了承を得て授与される。

平成8年 9月20日制定

平成11年 8月10日改正

平成17年 12月20日改正

平成20年 3月31日改正

平成21年 3月31日改正

平成27年 2月28日改正

平成29年 4月 1日改正

平成30年 8月16日改正

ぜひ私たちの活動にご参加ください。ご連絡をお待ちしております。

Copyright © Society of Asian Culture and Forms. All Rights Reserved.